「ASTARTE(アスタルテ) ドアジム 」 家で懸垂するため使ってみたよ。めっちゃよい。

トレ器具、道具

家で懸垂やチンニングしたいくないですか?わざわざ公園に行って鉄棒でやってみたり、ジムに行っても順番を待ったりしなくても、いつでもすぐにできる。時間も節約できますよね。

 

管理人もジムから家トレに変更したので、自宅で懸垂をできる器具を色々探していました。ぶら下がり健康器みたいなタイプにしようかと当初は思っていたのですが、なんせ場所をとるのでシンプルに設置できるのがないかと思い。



 

アスタルテ ドアジム 65-105cm 六角 (漆黒)

本体の重量は1.5kgあり、重量感はあります。塗装もしっかりしていて高級感があってよいです。

 

付属品に固定させる丸いゴムとネジがついています。これをつけなくても使用できるのですが、取り付けていた方がバーが接着面からズレにくくなるのでつけていた方がよいです。

 

 

場所をとらずシンプルでよい。

 

これが管理人が設置した画像です。古い家の見苦しい写真で申し訳ないです。

取り付け場所は廊下につけているカーテンと同じ所につけています。廊下の幅80cm、高さは190cmぐらいの所に取り付けました。

カーテンは外気が入ってこないように付けていたものなので、一緒取り付けたわけでもありません。

 

 

ゴムがしっかり密着してくれる。

柱との設置面です。6角形のゴムが柱をキズつきにくく、動かないようになっています。

管理人の取り付けた場所は家の柱と柱に取り付けました。つっぱっている力が強いか木がミシミシと音をたてるぐらいつっぱる圧力があり、しっかり固定できるでしょう。

あまり強くない柱やドア枠につけると、つっぱり不足でがたつくか、設置場所が壊れてしまう可能性があるかと思います。

 

 

回り止めの部品もついている。

 

締め付け具合を調整してレバーをたおすと簡単に回りどめができます。回り止めがしっかり固定できない場合はあとからネジを回して増し締めした方がよいかと思われます。

 

 

頑丈で安定感はある!!

管理人の体重が80kgぐらいあるのですが、しっかりとドアジムが設置しているのでびくともしません。安心してトレーニングができます。端の方を持ち、ワイドグリップのチンニングでパワーグリップを装着してもトレーニングができています。

→パワーグリップがないと背中のトレーニングは損するよ。詳しくはこちら

家の通路がそんなに広くないので、欲をいうともう少し幅が広いほうがチンニングしやすいかなーって思います。

 

 

ドアジムを使ってみたのまとめ。

以前販売していたものよりも、改良されたりしたみたいで、満足度は非常に高いです。管理人がチンニングで使わない時は、子供や嫁さんが、ぶらさがって楽しくストレッチしています。

これ一つあれば家族も健康になれていいんじゃないでしょうか。

 

→チンニング(懸垂)のトレーニングの記事はこちら

 


ASTARTE(アスタルテ) ドアジム door gym 懸垂 バー 安全ストッパー・日本語取扱説明書付き 65-105cm (六角 黒青)