つま先スクワットで、手軽に筋トレをしてみよう。

独り言日記

スクワットは筋トレで、下半身を鍛える最も効果を体感できる種目です。

しかし、継続することがなかなか難しく、またフオームも難しく効果があるかどうかいまいちわからない。

そんなスクワットがうまくできない人には、今回紹介するつま先スクワットをやってみてみましょう。

自重だけで手軽に行うことができ、無理なく継続できるトレーニング種目ですで、一日のルーティーンの中に取り入れていきましょう。



 

つま先スクワットは、大腿四頭筋が主に作用するトレーニングです。

つま先スクワットは、一般的なスクワットと違い踵をつけず、つま先だけで行うため、重心が通常のスクワットと比べ前方よりに動作していきます。

そのため、下半身の筋肉全体に効果がありますが、主に前面側の大腿四頭筋に効果がでやすいです。

またつま先でバランスをとりながら行うため、通常のスクワットよりも、動作しやすく、無理なくトレーニングができるかと思われます。

 

 

つま先スクワットのやり方

・肩幅に足を開き、つま先は少し外に広げ踵を上げます。

・胸を張って骨盤はひいた状態、顔は前をむいたままにします。ここがスタート位置です。

・そのままバランスをとりながら、太ももが床と水平になる所まで下ろします。

・そのまま体を上げていきます

・その動作を繰り返します

 

 

つま先スクワットの注意点

・膝は内側にはいらないようにすること

しゃがんでいく際に内側に膝が入ってしまうと、太ももが不安定になり、バランスをとるのが、難しくなります。

つま先を外に広げるのを忘れないようトレーニングしてみてください。

 

・膝は自然に前に出るので問題ない。

スクワットの注意点として、よく膝がつま先よりもでてはいけないという事が言われています。

通常のスクワット同様、膝はつま先より出てもかまいません。

逆につま先より膝が出ないフォームだと、バランスもとりずらく、重心がとりずらくなり、不安定なトレーニングになってしまいます。

 

・慣れてきたら、ダンベルを肩にのせて、加重して行ってみる

ダンベルを持った状態は、足にダンベルが当たり動作しにくいかもしれません。

バーベルのスクワット同様に肩にダンベルをのせてトレーニングすると動作しやすいので、負荷に慣れてきたら、ぜひチャレンジしてみてください。

 

スクワットベンチの記事も合わせてみてね←こちらからどうぞ

 

つま先スクワットのまとめ

筋トレはとにかく継続していく事が一番大事だと思います。

続けていけば、筋トレの楽しさも分かってきますのでぜひ、お手軽にできるこのつま先スクワットをチャレンジしてみてはどうでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。